有給休暇はまとめて使える?トヨタ期間工の正しい有給の使い方

有給休暇は公務員並みに取りやすいよって書いたら、公務員の実態も知らないのに勝手なこと書くなと言われたことを思い出した今日この頃です。

トヨタの期間工は有給休暇を取りやすいのか?なぜそう感じたのかから、まずは話して行きましょう。

なぜ2016年、有給が取りやすかったのか

私も入社したばかりで右も左も分からなかったですからね、ただ今はちょっと左右はわかるようになりました。

さて、2016年になぜ有給取りやすいよと感じたか、その要因は「爆発事故」でした。

愛知製鋼の爆発事故で、1週間ほど工場が停止しました。その裏側で何が起こっていたかと言いますと、正社員がまとめて有給消化に動いたわけです。

工場の有給の実態

社外秘ギリギリのラインですが、泣き寝入りする期間工がいないように書きますよ。

トヨタの工場では、有給を取りたい場合は、事前に組に申請する必要があります。年休取得のカレンダーがあると思うんですけど、それに書き込んでいくんです。

ただ、好き勝手に取られるとラインが人手不足になるので、取得できる人数に上限があるはずです。(全組の状況はわからんので推測ですが)

そしてその取得できる人数には「正社員も含まれる」ということを忘れてはいけません。

つまり、年休取得は正社員も含めた組全体の早い者勝ち争奪戦になるわけです。

ただし、ここで問題になるのが、正社員には年休消化率の目標値がある、ということです。分かりやすく言えば、正社員には年間何日は取得するようにというお上からのお達しがあるわけです。

期間従業員にもその規定値はあるような話ぶりですが、実際は正社員ほどの強制感はありませんね。

こういうデータは紙一重というか、取らされている、という側面もあるわけ。


スポンサーサイト


基本は社員優先

話はずれたけど、暗黙の了解として「有給消化は社員優先」なんですよね。それが昨年は爆発事故で一度に社員が消化できたから、期間工が割と楽に取得できていたというわけです。

今年は社員の有給一気消化ができていませんから、争奪戦も熾烈を極めるかもしれませんね。
うちの組ではないけど、「期間工に先取らせねぇでさっさと有給書いとけよ!お前いつ休むんだよ!どうすんだよ!」と怒鳴ってた人もいた。「月曜金曜は社員にあげて、期間工は3連休しないようにして」っていう人もいて、「あぁ組長でもこんなやつがいるのか」と呆れたもんです。

有給休暇を多く取得するには?


大前提から話をしますが、組全員が有給を全消化できるというハッピーエンドはそもそもありえません。多くは有給を残したまま去って行くことになるでしょう。先日去っていった先輩は16日残しでした。もちろん本人が取得する意思が乏しかったのは付け加えておきます。

そして多くの組では、最後の満了日の前にまとめて消化することを良しとしないはずです。なぜなら、まとめて取るということは、残る人たちが取得できないからです。最後の1週間早く帰れたらラッキーな部類じゃないでしょうか。

でもワケがわからん理由ですよね、取得できるように調整すんのが会社の義務であるのに、それを労働者に強いるのは間違ってると思うんだけどなぁ。少なくとも数ヶ月前から希望は伝えるわけだし、期間工の代わりはいくらでもいるわけだから年休とらせる分早く別の人を受け入れればいいだけだろうにね。ま、現場が勝手に判断したみたいな話になるんでしょうけど。

有給を多く取得して退職するには?

では有給を多く消化するにはどうするか?方法は2つです。

1つ目は強行突破。有給は法律で守られた労働者の権利ですから、組の事情など知ったことかと言わんばかりに有給休暇をまとめて取得する方法。ただこの場合、会社側にも都合を理由にした拒否権がありますから、そのあたり理解した上で交渉するべきですね。

2つ目は前もって少しづつ消化していくこと。私も残日数が多くなったので、毎月4週あるうちの2週間だけは週休3日にして消化します。

ただ残数3日くらいは病気になった時などの保険として最後まで持っておくべきでしょうが、それも個々人の考え方ですから、お好きに。

他の人に悪いから、という考えをしていると一生取得できないまま終わりますから、会社が都合よく我々を使うのですから、我々も都合よく会社を使っていくべき、という考えで取得していくことをお勧めします。

ここで働きすぎても意味ないし。適度に休もう。特に夏な、真夏な。