大卒で期間工になろうとしている人へのアドバイス

2019年5月4日

大卒で期間工になろうとしている人へのアドバイスです。

大卒からいきなり期間工になる人へのアドバイスが前半.
大卒から新卒入社してから期間工になろうとしている人へのアドバイスが後半。

それぞれ必要な方へ目次よりお進みください。

書いている当方は新卒入社組です。

大卒からいきなり期間工

ここは大卒からいきなり期間工になる人への助言です。大卒から新卒入社後に期間工を考える方は目次へお戻りください。

大卒後すぐ期間工は絶対に反対

「新卒」はブランドです。それが短大卒だろうが底辺大卒だろうが関係ありません。

日本は良くも悪くも「新卒」を重視します。

何にも染まっていない純粋な学生が欲しい会社はかなり多いです。

就職活動に苦慮して行き先が無かったとしても、1社目をどこにするかはその後のキャリアに大きくかかわる問題です。

だから大卒後にいきなり期間工を目指すというのは絶対におすすめしません

そもそも期間工はスキルが身に付かない


社会人のスタートとして重要な事は、社会人としての常識を身に着けることだと個人的には思っています。

本来新卒入社をすると、まずは新入社員研修があります。

・社会人としての心得
・マナー教育
・会社のルール

こうした研修は期間工にはありません。

言葉遣いを修正してくれる人もいません。

技能についても同様です。

期間工で得られる技能は他社で使えることはまずありません。

新卒で期間工をスタートさせ、その間に別の会社へ転職を考える場合、社会の常識を学ぶ機会を逸すると思うべきです。

大卒から期間工になる事が正解な人

人生は色々なので人によってキャリア形成は違うけれど、大卒から期間工になることが正解な人は、どうしてもその会社に入りたい人です。

つまり期間工から正社員になる道を選ぶケースです。

この場合年齢的にも可能性はあるけど、必ず受かるわけではない事は覚えておく必要がある。

入社できてしまえば、中小企業に比べて待遇が手厚いので願ったりかなったりだけど、言うまでも無く一般的な大卒入社組とはコースが異なるので、あくまでも現場作業員として末永く働くことになる。

もちろん努力次第でどこまでも昇進は可能と思うけれども。

新卒採用を狙うより、転職入社を狙うより、会社に入れる可能性は高いかもしれない。

ただ1度目でダメだった場合、半年の空白期間を終えて再挑戦した結果、やはりだめだった場合、職歴がかなりいびつなものになるから、それは相応の苦境に立たされる事は覚悟しておく必要がある。

大卒から新卒入社経由で期間工

一度他の会社を経験して、退職してから期間工になるケース。

別の会社を経験していると

前の会社がブラックであればあるほど居心地はいいと思います。

福利厚生はしっかりしているし、残業は数字通りの時間で終わります。

パソコン作業に慣れていれば、その点で活躍できる機会もあると思います。

勤務に関してなぁなぁな部分が少ないので、あっけにとられることもあると思います。

年齢が若ければそのまま入社を目指してもいいと思います。

営業職から期間工になる場合は、ストレスの少なさから天国に感じる場合もあります。

体を動かせばよいだけ、ノルマも追求されない環境。

じっくりと次のステップへの準備ができると思います。

スキルが身に付かない

2年11カ月で何か得ようと思わない限り、新しいスキルが身に付くことがありません。

期間工からそのまま入社を目指さない限り、次へ持って行けるものは皆無です。

なので再度転職を有利に進めようとする場合は、勉強と両立させる必要が出てきます。

期間工かどうか、現場作業員かどうかは、履歴書上でも言う必要が無いし、確認されようがないから職歴ロンダリングとして使う事は事実上可能です。

ただスキルが身に付かないのでその点を深く追求されてもボロが出ないようにしなければなりませんけど。

大卒でも変じゃないですか?


期間工で「大卒」という人は割といます。

配属される工程に何名いるかによって、「何で来たの?」と言われることはあるかもしれません。

馬鹿にされることは無いと思います。

ただ、あえて期間工の道を選ぶ必要は無いかなと思います。

もしあなたが今どこかの正社員だったら、その王道から外れるキャリアはあまりお勧めしません。

正社員に転職しやすいのは正社員。期間工は非正規、契約社員なので、これはできる限り選ばないほうがいいかもしれません。

期間工は、得ようと思わないと何も得られない環境です。学ぼうとしないとお金だけしか残らない働き方です。

正社員で実績を積むのと少し事情が異なるので、不利にならないように考えて動かないといけない。

じっくり考えて動きたい、という場合は期間工の2年11カ月を利用して、トヨタ自動車の名前も付けて転職活動するのはいいと思うけど、今もし別の会社に勤務していて、そこをどうしても辞めたい場合を除けば、今いる環境で考えてから転職するほうがその後につなげやすいように思います。

体力的についていけなかったりしてすぐに辞めるリスクというのもあるので、それなりの覚悟も必要ですしね。

なんかちょっと社会に疲れたなと思う人、社会的重圧で心を病みそうな人は、リハビリとして期間工はありかなと思いますが、その場合も他にもっと別の環境が無いかどうかだけは良く調べた方がいいかも。

あえて非正規落ちする必要は無いと思うので、大卒で期間工になる人は、期間工を終えた後の事をしっかり考えてから行動されることを強くお勧めして終わりにします。