20代にこれだけは知っていてほしい転職のポイント

期間工で良く心配されるのが「履歴書を汚すのではないか」っていう事。

期間工から他の企業に転職しようとして失敗してしまう、そういうケースが少なくないのは、期間工で働いてみて何となく分かるんだけど、口下手というか、面接慣れしていない以前に、社会慣れしてないっていうのが結構大きいと思うのね。

面接になったら急に口調が違うようになる人って結構いるんだけど、期間工が例えば組長なり工長なりと話すときに、ちょっとたどたどしい敬語になる人がかなりいて、多分そういうところの問題だと思ったっていう話を今日はしたいんだけど。

20代にしっておいてほしい面接の裏側

企業で採用活動かじってたから、その時の経験をもとに話すけど、20代はポテンシャル採用なのよ。特に20代前半。

要するに今の能力とかどうでもいいから、今後伸びてくれるんだったら採用しようかって事です。

20代前半は、社会経験もさほどなく、また他の企業文化が深く浸透していないので、育てていけば何とかなると思ってくれる会社が多いです。「転職=即戦力」と思いがちですが、20代にそれほど戦力になる能力があるとは企業側も考えないので。

30代近くなってくると過去の職歴と技能が影響してきますが。

だから20代がやるべき事は準備

もし今、期間工しかやってなくて、これからどうしようか悩んでるなら、やるべき準備は次の事です。

・関心を外に向ける
・関心を内に向ける
・伝え方を鍛える
・本を読む/動画を見る
・即答力を鍛える

まず、今20代前半の期間工だとして、持っている武器は何かと言うと「社会経験」。期間工だろうと社会に出ている時点でプラスです。その辺の大学生より全然強いです。

じゃぁ足りないものは何かっていうと、まぁ足りないものを挙げればきりがないけど「興味」。

むしろ興味がありさえすれば万事うまく行く。

(文系)大学生の採用は熱意採用だった

理系は研究対象があるから別なんだけど、文系の大学生の採用って熱意があるかどうかで決まるんですよね。

文系って国文学とか経済学とか社会学とかそういうのだけど、例えば大学4年間で日本の歴史書をずっと勉強してきた子とかが商社とか受けたりするんです。

会社からすると日本の歴史書をどれだけ学んだ人でも要らないわけで、でも面接で受かったりする。

それ何かって言うと、業界やら仕事への熱意があるかどうか。

20代って要するにそれだけあればいいって思われてる。

仕事に興味関心を持つのが第一ステップ

ともかくこれ。やりたい仕事を見つけるっていう事だけ。その辺にどうしても入りたい会社があるとして、その会社で働くために何すればいいかって、社長が出てくるたびに猛烈アピールすればいつか受かる。社長ってそういう生き物だし。

ただそれは王道と違うから、いちいち転職会社を使ったりするけど、手っ取り早いのは決定権を持つ人を口説き落とすことだからね。やんないけど。

どうしても入りたいって思ってくれる人って貴重だしね。そういう人を選考会で選別するわけだから向こうから来てくれたら手数料払わなくて済むし。

ただやっぱり社会のほとんどの人って、そこまで熱意を持てる会社が少ないから、見せかけの熱意だってばれて落ちるんだけどね。

例えば高卒でずっと期間工やってたって人だと、文系の大学生扱いと一緒になるはずだから、このアプローチでいけるはず。

自分の興味関心を探すのが第二ステップ

じゃあ自分が何をしたいのかっていう分析をしないといけない。面接で聞かれるのは主にココ。

この人が何をしたくて面接に来てて、どういう将来図を描いているか、どういう考え方をするか、どういう考えでこれまで来たかってところになる。

現役学生が就活で苦労するのも実はここだし、期間工が苦労するのも多分ここ。

企業が一番嫌う人っていうのが、就職できればどこでもいいんだろうなって人。

やっぱり会社は熱意ある人が取りたい。簡単に辞めない人を採用したいし、育ってくれる人が欲しいから。

面接する側になると、「どこでもいいんだろうなこの人」って感じると、急に面接官のスイッチが切れるんですよね。あぁこの人違うわ、みたいな。

面接官が全員そうだとは言わないけど、大半そうじゃないかと思う。見るポイントって会社ごとにそんなに違わない。セミナーとかで聞いても大体おんなじ事言ってたし。

だから行きたい会社が見つかったら、あとはストーリー作りをしないとだめ。

伝え方が下手だとすべて台無し

期間工って特に、立場が上の人と淡々と話すのが苦手って人が多い印象で、伝え方の面で損してる人って少なくないと思う。面接落ちた人にたたき台見せてもらったりしても、ストーリーの組み立てで損してると思うことがあったしね。

とりあえず、過去については変えようがない事実だから、それをどう取り繕うかにかかってくるんだけど。

お金のために期間工やっててもいいんだけど、面接の時には何か目的を付け加えるとか、この辺はテクニックの話だから割愛するけど、これまでどう考えてきて、その結果期間工やってきて、この先どうするかっていう説明の流れ。

じゃぁ伝え方をどう鍛えればいいかって事になるけど、本読むとか動画見るとか。

本読むのが何でいいのか

自己啓発の本を何冊か読めば、物事の組み立て方が分かってくる。できれば誰かのサクセスストーリー的なものがいいけど、過去のネガティブな事をポジティブに言い換えてたりするから、そういう視点で見れば参考になる部分が多いんですよね。

自己啓発自体はあてにできるもんじゃないんだけど、将来を明るく見る方法みたいな、こういえば積極的に思われるのか、みたいなポイントが見えてくる。

あとは動画から学ぶことが今はできる。

最初にこの動画をちょっと見てもらいたいんですけど、最初の部分がぎこちないですよね。面接慣れしてないと大体こういう感じのしゃべり方をしがち。途中からほぐれてきていい感じになるんですけど、慣れてない人だとずっと最初のような堅さが抜けない。

あんまり慣れてないぎこちなさだったり、覚えてる事をそのまま言おうとしてる感じが分かると思います。これが悪いわけでもないんだけど、熱意みたいなものは伝わりづらい。

じゃぁどういうのが理想かっていうと次の動画。

この人の対話力はかなり合格率の高い会話力。目指すべきはこういうしゃべり方(ちょっと砕けすぎ感はあるけど)。面接はこんな感じでOK。ただ動画中にもあるけど、そういう話し方でも最終的にはやりたい事が見えるかどうか、熱意が本物かどうかが決め手になるんですよね。

3本建て動画なのでシリーズで見ればしゃべり方が分かりやすいけど、要は日常会話のままのニュアンスをより丁寧によりハキハキ、という感じ。

一本、その会社じゃないとダメな理由をズバッと通してしまって、あとはそれに肉付けしていくのが大事。それがあってこの対話力があれば、あとは「うちの社風に合うかどうか」を判断されるだけだから、大半の会社は受かっていくはず。

即答力を鍛えるのは嘘じゃない事の証明のため

言葉に詰まる事って、どう伝えようか迷ってる事もあるけど、常に考えてる事だったら即答できて当たり前なんですよね。だから急に聞かれて言葉に困るって、その時だけの用意した台本だって思われるんですね。

「期間工じゃなかったらどこでもいいんじゃないの?」

「とりあえず稼げそうだからうち選んだんじゃない?」

「期間工以外にやったこと無いのになんで大丈夫って言えるの?」

結構厳しい事を言われると黙り込んじゃいやすいけど、そういうときに即答で返せる答えを用意しておくのは結構大事で、即答する言葉は熱がこもりやすいから逆に熱意をアピールできたりする。

面接の動画は結構YouTubeにあふれてるから、熱意を感じるかどうか、即答できてるかどうか、そういうところを見ていくと対策になると思う。

20代で期間工でも全然いいじゃん

不利だと思いこむと不利になるけど、会社が欲しいのは前向きで素直な人材なんで、20代で期間工だとしても、この先どうしようと考えないで、まずは自分が何をしたいのかを真正面から考えるのが大事。

期間工だからもう行けるとこ無いなんて思わず、大手でも上場企業でも丸の内本社でも飛び込んでいけばいいと思うんですよね。書類選考で落ちない限り、ペーパーテストで足切りされない限り、面接に持ち込めれば受かる可能性は0じゃないわけだから、どんどん受けていくべきだと思う。

将来の可能性が狭まるのは30代に入ってからだから、20代のうちは自分次第でいくらでもステップアップもキャリアアップもできると思っといてください。ただ技術職や技能職は厳しくて、大手に行こうとするなら学歴ロンダリングしたほうが多分早い。

期間工の職歴は笑われるだけっていう人もいるけど、面接の裏側を知ってる立場から言わせてもらえば全然そんなこと無いんでね。20代は目的意識と目標意識が大事って事だけは、知っておいてもらいたいので記事にしました。