期間工がはじめてでも部活経験があればついていけるよ

2019年5月10日

未経験で期間工になろうとする時、自分にもできるだろうかって不安になりますよね。僕もそうでした。

僕はインドア派だし、お世辞にも普通の体格とは言えないくらいガリガリでしたから、面接から赴任するまでの間はジムでトレーニングして基礎体力をアップさせていました。

部活動やってた人は全く問題ない

期間工がキツイと言われるけど本当? キツイと言われる割にみんな元気じゃない? 期間工は楽じゃないけど苦痛でもない 「キツイ」が何かを見極めるのが大事

期間工の何が大変かというと、1日中ずっと動いてないといけないことです。ライン作業は自分だけ休憩するなど許されないですから、休憩時間になるまでずっと同じ軽作業を繰り返すわけです。

作業自体は息が上がるような工程はあまりないと思われますが、休憩になったら「だぁ〜・・・」と言うくらいの体力消費はあるわけで、そこまでの持久力があるかどうかが大事です。

とはいえ、必要な持久力は、受け入れのおじさんいわく、2週間くらいで慣れる、1ヶ月もあれば十分慣れる程度のものなので、学生時代に何でもいいですが体育会系部活動をやっていた人なら全く問題なくやっていけると思います。

ていうか部活動の方がよっぽどきついです。スポーツですし。

タバコ吸いまくり、お酒飲みまくり、パチスロしまくりな40代でもやってるくらいだし、やる気もないような若者からおじさんまでできてるので、自分にできないわけないと考えたっていいんじゃないでしょうかね。

基本的にグーパー運動とラジオ体操できればOK

期間工は辛いよ、大変だよって言われますけど、会社側からテストされるのってグーパーグーパーできるか、手足の関節はちゃんと動くか程度なものです。

日常的に言えばラジオ体操がちゃんとできればいいわけで、ラジオ体操できないくらいの体力の人ってもうそもそも期間工になろう思わないはずなので、結論を言えばみんな心配せずに期間工に応募できるよってことです。

安心材料としては、筋力テストが最初にあって、嘘か本当か、その結果を元に配属先が決められるそうなので、筋力を必要とする工程に筋力が乏しい人は配属させられない、らしい。これは受け入れの説明する人が言ってた。

結局のところ、ライン作業が辛いのって体力がつくまでの2週間から1ヶ月くらいの筋肉痛期間と、同じ作業が永遠と続くことに耐えられない精神ダメージみたいなもの。ホームシックも含めて。だから体力が持つかななんてあんまり考えても仕方ないです。

ちょっと体力があっても、使う体の部位が違うと誰もが筋肉痛になっちゃいますからね。

そんなわけで、期間工は体よりも心が大変だと思う僕のレポートでした。

2年で見えた、期間工に向く人、向かない人

この下は2年満了後の追記の記事です。

期間工は大変か楽か、という議論はいつの時代も展開されます。

この議論の答えは、体育会系部活を続けられるかどうか、だと個人的には感じています。

少しばかり息が切れるような工程も確かにありますし、突発的な瞬発力を求められるようなこともしばしば起こります。

でも期間工ブログを見ててもキツイからやめてやったわ、みたいなブログってみないんですよ。三菱系のブログで2週間で辞めた方がいましたが、勘繰るわけでもないですがあのブログはバリバリのアフィリエイトブログなわけで、きつくてやめた記事の下にも立派に期間工募集リンクが貼ってあるわけで。

もちろん、きついと感じる加減は人によって違うので、自分は大丈夫だと感じることでも、その人には苦痛な事は別に期間工に限った話じゃないです。

体育会系の部活でも、きつくて辞めるっていう人はいるじゃないですか。あれと一緒だと思うんですよね。

だからこそ思うのは、学生時代に部活をやり遂げた人ならきつくてやめていくことは多分無いだろうと。

もちろん単純作業がいやとか、ライン作業がいやとか、ばね指が嫌とかはまた別の話ですけどね。

期間工は何かを我慢しなければならない

期間工は何かに耐えなきゃいけない、これは事実だと思います。

ずっと動きっぱなしの部署だと例えば15キロくらいの荷物をもって1日中歩き続ける工程もありますし、僕が最後にやってた工程だと10キロの荷物を両手にそれぞれもって歩き続ける部署でした。

割ときついです。その状態で何万歩も歩きますからね。指の皮も固くなるし、休憩時間は体力温存で動きませんから。

色んな工程に色んな辛さがあると思います。思いますが、特殊な人しかできないような工程なんて存在しない、というか、あっていいはずがないんですよ。経営的にも。

いきなりマックスタクトにぶち込まれる人は大変さが半端じゃないと思いますが。

ラインに耐える、人間関係に耐える、単純作業に耐える、色々あると思います。でも耐えられないほどならまずはコミュニケーションを図るのが社会人とも思います。

出来ない人を出来ない工程に付けておく余裕は無いはずなので、よほどの事なら工程変更は可能だと思うんです。

だから、「工程がキツくて辞めた、だから期間工は大変だ」っていうのはおかしな話だと。

少なくとも私の周囲、周囲の知りうる範囲ですぐに辞めて行った人というのは、逃げ癖がある人というのは共通事項でしたし、バックレる人などは期間工でなくても続かないだろうと思う人でした。

2年間だけ、トヨタの経験だけで何が分かるのかと言われればそうかもしれません。

ただどうしても期間工で続いている人達が何か特別な人達だとは思えなかったんですよね。

今期間工で働いている人も、自分が体力馬鹿だとは思ってないと思います。

我慢しすぎるのは良くない

根性論みたいな話になってしまってるけど、プロスポーツではないのだから、誰かがやってる仕事なら自分もできるだろうという前提に立った話です。

ただ、どう頑張っても無理だという方を否定するわけでもありません。人間関係のストレスが影響することも十分ありえるので、もうこれ以上頑張れないというくらいまで頑張るのは良くないとも思います。

工程がきつくて続きそうに無いなら、頑張って組長に相談してみてください。

組が嫌なら相談役に相談してみてください。

自分にもできる工程があると思うので、せっかく入社したのだから、交渉してみてください。聞く耳を持たれない場合は仕方のないことですが、そうでないならもう少しだけ頑張ってみて欲しいなと、個人的には思うところです。