正社員面接にも使える!誰も教えない面接の極意

2019年3月30日

期間従業員の多くは正社員登用を受けるまで面接の練習をすることは無いだろうと思います。

高卒の方だと面接の練習を受けることはあっても、内容についてまで詳しく教えてくれることは無かっただろうと思います。

面接は自分を知ってもらう場ではありません。

面接は相手の欲しい答えを返す場です。

期間従業員の面接にも使えます。正社員登用の面接にも使えます。もちろん他社の面接にも使えますから見ておけば損しないと思います。

この記事を読み終えたら、以下の記事も必ず確認しておいてください。

志望動機はこう評価されている

志望動機はなんですか?

この回答はとても難しいです。ですがここが一番重要です。

正社員登用であれば、この質問から見られるポイントは、
・同業他社との違いが理解できているか
・自分の強み弱みが理解できているか
・自社の強み弱みが理解できているか
・ポジティブであるか

期間工の面接だと「福利厚生が良かったから」という理由でも合格することはあります。

まずどこでも使いまわせるものかどうかで熱量が判断できます。大体の希望者はどこに出しても通用しそうな志望動機を書きますが、会社が欲しいのは、どうしてもそこで働きたい人なので、できるだけ熱意にあふれた人を採用します。

人事も、自社しか通用しない志望動機かどうかは最初に見てくる部分です。

自分の経歴・経験をその現場で活かしたい、という分析結果を踏まえて書かれていれば、面接官には魅力的に映ります。

強みや弱みはこう見られている

あなたの強みと弱みはなんですか?

強みや弱みを聞かれるのは、履歴書にも項目があるので割と惰性で聞かれている質問だったりします。人事もそこに書かれていることが間違いなく真実だとは思ってないので、どう自分を売り込むのか、どうポジティブな考え方が出来るのかとか、地頭がいいかとか、そうした部分を見てきます。

ただこの強みや弱みについての判断は、会社によって結構差が出るので、何が重視されているかは一概に言える部分では無いんですよね。

だから補足の質問で「我が社に活かせる能力はなんですか?」とか「どう貢献できそうですか?」とか聞かれるのは、強みや弱みだけで見切れないから、という事も言えるのかと。

だからじゃあ適当でいいか、というとそうではなくて、強みについては仕事に活かせることを感じさせなければなりません。

私を採用すると、
・部内のコミュニケーションが一層円滑になりますよ。
・集中力が求められる現場でもミスが無くなりますよ。
・パソコン関係での強いパートナーができますよ。
・営業力のあるスタッフがどんどん増えますよ。
とか、そういう事を相手に感じさせるのが「強み」です。

SSRキャラを取ったら強い敵に勝てるじゃないですか。あれって自分のメンバーより強いメンバーを採用して底上げしたいからですよね。強いボスに挑もうとするときに、攻撃力が高い人を入れるか、防御力が高い人を入れるか、それとも補助役を入れるかで、採用するメンバー違いますよね。

攻撃力が超高いキャラが、面接の場で「私の強みは明るいことです!」と言ったら、会社の欲しい人材とミスマッチが起きます。だからまずは強み弱みを正直に書く前に、会社はこんな人が欲しいに違いないと予想する必要があるという感じです。

弱みについては地頭力というか素頭力というか、いかにマイナスの事をプラスに持ち込めるか、という点が評価されます。

よく使われるパターンは、強みが強すぎて弱みとも言えますけどね、というオチです。「私は集中力が人一倍だとよく言われます。前職でも根気のいる作業をよく任せて頂きました。良く集中しすぎて他の事が見えなくなると言われますので、そこは弱みとして認識しております。」

ただこれに関しては面接官も分かっているので、内容について深く追求するとかそういう事は一切ありません。

自己PRは自分が会社に貢献できることを考える

期間工からの転職に関わらず、転職はそれまでの経歴の何が役立つと思うかを相手に提示する場です。

自己PRは自分がこれまで何を学んできたか、どういうスキルがあり、それを提供できるかを中心にまとめていきます。

面接や書類作成を通じて必ず押さえるべきことは、「ポジティブであること」「未来志向であること」「現状把握ができていること」と言われます。

即戦力が求められることは確かにそうですが、人間性も重視されることも忘れてはいけないポイントです。

企業が求めている人間性というのは、多くの場合、ポジティブな思考をし、向上意欲が強い人なので、それを意識して自己PRをまとめていけば転職の成功率は上がると言われます。

自分の能力+向上意欲=貢献 となるように組み立てます。向上意欲の部分は会社の精神となるべく似るようにしておくとなお理想的です。

貢献できる内容は、企業が欲しがる人物像を想定して作るほうが採用率は高くなります。そういう戦略を積み重ねていくのが面接なので、馬鹿正直に言ったり書いたりすると評価されません。

自己分析も企業分析も業界分析も完璧なのに評価されないと感じるのは、見られる視点から逆算すると完璧に仕上がると思います。

自分をスマホで動画を取って確認する

面接の受け答えや、ドアから入って挨拶をするまで、歩き方などは動画を取って確認すると、誰しも結構癖が強いことが分かると思います。

背中が曲がっていたり、体が斜めになっていたり、考え込んだ時に変な顔をしたり、斜め上をみたり、またはうつむきがちだったり。

しゃべり方が挑発的であったり、なまりが強かったり、聞き取りづらい発音であったり、気持ちがこもらないしゃべり方になっていたり。

動画で撮影すると自分の癖が良く分かるので、最初は嫌になるかもしれませんが、効果としては大きいのでやってみてください。

突拍子のない質問は即答が必要

面接では、とても分からないようなことを聞かれることが起こります。

上場企業や外資系の中途採用でよく聞かれると思います。大学の新卒採用の場合は大半の会社が出してくるのですが、中途の場合だとそれよりもやや現実的な内容が多いようです。

「向かいのビルにいる人の数は何人だと思いますか?」

「うちの月商はどれくらいだと思われますか?」

こういう質問の場合は、フェルミ推定と言われるもので、突先に聞かれたことに対して、当たろうが外れようが関係なく、理論立てて導き出せるかが見られています。地頭、素頭と呼ばれるものです。

計算が必要な問題であれば数分間のシンキングタイムがもらえることもありますが、そうでない場合は考え込むのはNGです。

私が聞かれた経験がある質問だと、「あなたの読んだことのある本を私が買いたくなるようにおすすめしてください」、「私の悩みを聞き出してみてください」、「このボールペンに売れるキャッチコピーをつけてみてください」、「この商品をより多く売る方法を考えてください」などです。

面接は面接官との会話を円滑に

面接でカチコチに緊張する、あります。

緊張は悪いことではありませんし、面接はどうしても面接官とのQ&Aになるので固くなりやすいですが、面接官側としてはリラックスしたその人との会話が望ましい。

期間工でも、しばらく勤務すると、新しく配属された人と接するときがあると思います。その時は打ち解けて話をしながら新人がどんな性格かとか、どこから来たのかとか尋ねますよね。

逆にこちらの事を聞かれて答えることもあると思います。それと一緒で、面接も会話なので、聞かれて答えるまでに時間がかかったり、極度に緊張されてしまうと、どんな人なのか今一つつかみきれない事になります。

敬語で姿勢正しくハキハキと、というのは確かにそうですが、ある程度フランクに自分を出して行くほうが、面接する側も助かる面は大いにあるんです。

だから自分を撮影してみて、ある程度リラックスして話ができているか、だけれども礼儀正しく見えているか、という事もチェックしてみるといいですよ。

あと個人的にですが、圧迫面接をかましてくるような会社は、社内環境がボロボロギスギスしている事が多いと聞いたことがあるのでスルーする基準の1つにしています。ストレス耐性を見ないといけないような会社で働くのもご免ですからね。

最後に何か質問はありますか?

丁度ヤフーに同様の記事が出されました。

「面接官の「最後に何か質問はありますか?」に対する“最強の質問”が話題…専門家にも聞いてみた」

これといって質問する側も意図を持ってないケースも多いんですけど、面接者側はどうしても何か言わなきゃと思ってしまうんですよね。

「面接を受けさせていただきありがとうございました。会社に出向くことが出来て、ここで働きたいと今改めて感じておりまして、もし可能なら職場を見学することはできませんか?」

断られる事が多いんですが、その場合「分かりました。無理を申しましてすみません。即戦力になれるよう云々、、、」とやる気をアピールして終わると、意欲をアピールできます。

残業は?とか年休消化率は?とか、福利厚生などのこまごました事については、内定をもらった後に「不明点が数点ありまして」と聞いても遅くありませんからね。

「質問ではないのですが、これだけは伝えたいということがありますのでよろしいでしょうか。」と言って自分の気持ちを熱く語るのも印象に残るのでアリです。

相手が欲しがるものを提供するのが面接です。ニーズに答えて内定を勝ち取りましょう!