トヨタ期間工と健康診断 | 赴任前はここに注意

2019年3月30日

トヨタ期間工になろうと思っている方で、健康診断の結果が大丈夫かなと不安な方、多いと思います。

どこまでがOKでどこからがダメ、という明確な答えを持つ方は恐らくいないだろうと思いますが、「俺はこれでダメだった」という人の情報をどれだけ集められるかによります。

ただ個人的には、それは気にしても仕方ないことと思っています。

トヨタ期間工は健康診断で5%落とされる?

トヨタ期間工は健康診断で5%が落ちる、という情報がネットにあふれておりまして、情報発信元をたどったのですが、そうした情報発信元は出てきませんでした。

5%も落ちるのか!不安だ!と思う方、とりあえずご安心ください。

なぜ安心できるかと言うと、「入れ墨やタトゥーがある人も含まれる」からですし、数字のトリックでもあるからです。

入れ墨とタトゥーは違うから大丈夫だと思っている人、言わなければバレないと思っている人、目立たないから行けると思う人、理由は様々と思いますが、入れ墨検査は面接時点では口頭確認、健康診断では目視確認なので、その時に落ちる人はいます。

100人受けて5人が落ちれば5%ですが、大体5%が多いか少ないかって言い方の問題もあるんですよね。高コレステロールだと診断される人の割合って男性が9.8%なんですけど、それから見たら期間工超優秀ですし、そもそも5%って「大体このくらい落ちてた」みたいな曖昧な噂レベルっぽいし。

健康診断の項目は法律によって定められています

既往症歴の調査
自覚症状・他覚症状の有無
身長・体重・視力・聴力の検査
胸部エックス線検査
血圧測定
貧血検査
肝機能検査
血中脂質検査
血糖検査
尿検査
心電図

以上が最低限求められる健康診断項目です。これは安衛則第43条という労働安全衛生規則によって国が定めたものです。

厚生労働省 雇入れ時健康診断項目説明

残念ながら、先ほどの11項目のうち、どの数値がどの基準を超えればNGが出るのか、具体的な事例は、聴力以外見つけることが出来ませんでした。

ただし、絶対に就業してはならない、というものも同規則で開示されているのでご紹介だけしておきますね。(雇用してはならない、ではない点に注意)

事業者は、次の各号のいずれかに該当する者については、その就業を禁止しなければならない。ただし、第一号に掲げる者について伝染予防の措置をした場合は、この限りではない。

一 病毒伝ぱのおそれのある伝染病の疾病にかかつた者
二 心臓、腎臓、肺等の疾病で労働のため病勢が著しく増悪するおそれのあるものにかかつた者
三 前各号に準ずる疾病で厚生労働大臣が定めるものにかかつた者

事業者は、前項の規定により、就業を禁止しようとするときは、あらかじめ、産業医その他専門の医師の意見をきかなければならない。

病者の就業禁止 第六十一条

直前の食生活は本当に気を遣うべき

できる事といえば、直前の食生活は特に気を付けたほうがいいでしょう。現地に行って前日の食事は健康診断を前提とした食事ですが、この日もコンビニ弁当な方もいます。当日の朝もガッツリ食べる人もいますが、何が影響するかは分かりません。

血糖値程度であれば、後日再検査という事もあると思いますが、問題になってくるのは肝数値や白血球値といった部分が大きいはずです。

長年の飲酒による肝臓の炎症、直前の暴飲暴食やアルコール、栄養ドリンクの飲みすぎとか、そうした事でも変化してきます。

これらは昨日今日の改善でどうにかなる数値ではないので、期間工に何としても入りたい場合は、せめて1週間前から生活改善と運動はしておくほうが良いでしょう。

肝炎、糖尿病、高血圧症、心疾患といったものを患っている、または発症のおそれがある場合には、いったんストップがかかる可能性が高いと思いますが、これも断言できる資料は見つかりませんでした。

関節の可動域が狭いのは完全アウトといえない

期間工は体を動かします。関節が十分に動いているかどうかの確認は健康診断でも、その前の面接でもある程度見られます。

健康診断で関節の可動域が他の方より狭いからといって、完全にアウトになるわけでもないようです。

健康診断で見られているのは、健康かどうかの他に、「適正配置」というものがあります。

例えば、人より肩の回りが悪い場合、肩の可動域が問題にならない工程に配属させる、というようなものです。

というのも、私自身、他の人より若干手が上がらないんですよね。健康診断で見られていないだけか、問題なかったか、それは分かりません。

視力に自信がない人はメガネを作っておく

運転免許は両目合わせて0.7以上は裸眼で大丈夫なんですが、工場での要求視力はそれより厳しいので、視力がちょっと、と思う方はメガネを作っておくほうがいいでしょう。

もちろんこの視力が基準値以下だからといってすぐに帰れと言われることは無く、規定日までにメガネを作って再検査を受ければ問題ないです。いずれにしても作らないといけない事になるので目が悪い人は作っておく方がいいと思います。

聴力は千ヘルツ及び四千ヘルツの音に係る聴力と規定されています。大半の人は余裕で聞こえる音域ですが、不安な人のために一応置いておきます。

工場で健康診断に落ちる人

工場の健康診断で落ちる人は、恐らくほとんどがそのまま行けば命に係わる状況になる人だと思います。心拍異常、肝硬変、白血病、高脂血症、糖尿病等々。

これはもう働くより生活改善が急務ですよね。健康診断に問題がある人は医者と相談できるので、そこで指示に従うほうがいいと思います。というか指示に従うしかありません。

さて問題は、日頃問題がないのに食生活のせいで誤差の範囲で突っ込んでいく人です。

直前に暴飲暴食で肝臓に負担をかければ肝炎数値が急上昇しますし、ビールばかり飲んで運動しなければ血圧の数値が異常値になる事もあります。

これで地元にもしばらく帰れないからといって友人と長時間飲み明かして赴任したら肝臓機能でアウトになる、という事も全然考えられない事はないですしね。

血糖値が朝食で誤差が出る、という理由で健康診断の朝は食事抜きになるくらいです。もちろん大半の人には影響が軽微でも、自分にも影響はないだろうと思うのは、もはや掛けみたいなもの。

トヨタで絶対アウトなのは入れ墨とタトゥーくらい

トヨタで絶対アウトなのは入れ墨とタトゥーくらいです。これは赴任後に入れてもダメ。

髪を染めるのはアリ、ピアスもアリ、でもタトゥーだけはダメ。後からでもダメ。

今後どうなるか分かりませんが、日本社会的にもまだ入れ墨やタトゥーは解雇理由としても認められる可能性が高いので、入れないほうが無難です。

健康診断は男性はパンイチになるので、隠せる人はそうそういないと思いますし、風呂が共同なので、期間工ネットワークによってチクられることは十分あると思います。

よっぽどじゃないと落ちないんじゃないの?

言いたいのは、トヨタの健康診断は厳しいっていう噂がちらほら聞かれるけど、よっぽどの事じゃないと落ちないんじゃないの?っていう事です。まあ安心して応募してみたらいい、という事です。

理由1.応募者が多ければ声も多いのは当然

トヨタって期間工の募集の数も多いじゃないですか。工程の数も多いし、労働者数も自動車産業で1番だし。だから、健康診断で良かったぜ、ダメだったぜ、っていうSNSの口コミも一番多くて当然だし、落ちる人の数が多くなるのも必然。

理由2.タトゥーがダメだから

ごめんあんまり調べてないけどトヨタ系列と日産といすゞがアウトっていうのは見た事ある。でも応募者が多いとはじかれる人の数も多くなるのも、なんとなく分かります。

理由3.次までに改善できる可能性

例えば、トヨタ自動車で健康診断でダメでした、ってなった人に医者からアドバイスが出るはずなんだけど、それを完全無視して次受けるって人そう多くないと思うんですよね。

「コレステロールが高いから運動と食事制限をしたほうがいい」って言われた人が、「いやそんなはずないから別の会社受けるわ」とはならないと思うんですよ。「そうか、ちょっと気を付けてみよう」と思うのが普通かと。

そんで、バリバリアウトですっていう数値の人より、予備軍的な人が多いわけで、そういう予備軍ってちょっとした事で改善できたりっていうのはテレビ番組でも良くありますよね。

問診で引っかかった人でも、次の会社ではそれをうまくごまかすでしょうし、でもだからトヨタが厳しいとはならないと思うんですよね。

どこまで言っても憶測の域を出ませんが、交通費も出ますし、給料もその分だけは出ますし、損することは無いはずですから、厳しいかも、と思う理由だけで諦めるのはやめましょう!

でもほんと、健康第一ですね。