期間工は未経験者の30代でも受かるし十分やっていける職業である

期間工の仕事内容は様々なので、きつい職場から楽な職場まであるわけですが、それは一般的な会社でも同じ。

30代の僕が聞かれた面接の質問

30代だからというのは特にありませんでした。この年代から気になり始めるのは体力的なことでしょうが、30代でも活躍できている環境なので心配することはありません。

「きつい仕事ですが大丈夫ですか?」
「体力には自信がありますか?」

という質問はされますが、他の若い方に聞いても大体同じことを聞かれているので、30代だからどうということはないみたいです。自信ある感じに「大丈夫です!」と伝えましょう。

仕事にはついていけますか?

前の記事でも紹介しましたが、基本的に部活動をやった経験がある方はそれよりは辛くないと思います。自分に似た様な人たちが実際に頑張れているので、自分にできないことはないだろうと考えて飛び込んでもいいと思います。

体力的にきつい職場もあれば、温度が高いなどの環境的にきつい職場もあり、それは選べませんが、基本的に世界的企業、一部上場企業が非人道的な職場環境を放置するはずもないことは、想像できますよね。

それに、どうしても体力的に厳しいという人を使い続けるほど非効率なこともありませんから、例えば体の癖があってどうしてもできない作業がある場合、相談は必要ですが配置転換も検討してくれるはずです。

30代が期間工になる上で注意すべきこと

30代で注意すべきことは何と言っても期間工後の再就職でしょう。

30代というのは、その前半後半で意味合いがまた変わりますが、再就職については最後のチャンスと捉えることが多いと思います。求人についても(今後その引き上げは予想されるが)30歳、34歳あたりがひとつの区切りになっている場合が多く、3年未満での退社が要求される期間従業員という非正規雇用労働は、一般的には再就職には不利とみられます。

ただ説得材料としては、体力的に厳しい環境において短期間であっても活動できた、ということを自らの強みとしてアピールできるのではないかと思われます。

また、こうして期間工になる前に情報を集める方であれば、苦渋の決断である場合が多いでしょうから、それを考慮したからこその非正規雇用であったことは再就職先に理解を求められるのではと考えられます。

いずれにせよ、畑違いであるほど再就職は難航することが予想されるので、しっかりと次を考えた上で応募されるほうが良いと思います。

結論:30代の未経験者は・・・

十分やっていけます。腰痛持ちはちょっと考えた方がいいかもしれませんが。期間工になることも歓迎されるので問題ありませんし、仕事内容についても問題はないはずです。問題があれば相談することも可能です。

ただ再就職についてはしっかりと考え、どうしても期間工でなければならないか、期間工以外の選択肢ではダメなのかについてしっかり考慮していくべきだと思います。

現場からは以上です。


30代40代で頑張る期間工ブロガーもいる ブログランキングへ

濃いヒゲを何とかしたい!自宅で気軽にヒゲ対策!【ゼロファクター】