社会保険についての知識をつけておこう

毎月徴収されていく社会保険ですがその内容は知っている人は少ないのでは?前回の労災保険に続き今回は社会保険について簡単に知っておきましょう。

社会保険は5つの保険の総称

社会保険と一言に言っても、実は医療保険、介護保険、年金保険、労災保険、雇用保険の5つから成り立っている事はあまり認識されていません。

社会保険の費用は?

社会保険は収入によって変わってきますが、基本的に費用負担する費用は会社と労働者で折半です。

年金保険料25,000円
健康基本保険料4,600円
健康特別保険料3,700円
雇用保険料1,000円

トヨタの給料では上記のような金額で推移します。

年金が高い!なんで?

国民年金だと月々16,260円なのに、なんで25,000円もとられるの?と疑問に思う方もいるかもしれませんね。

働く人の年金は厚生年金というもの。厚生年金は、国民年金にプラス働いてる分上乗せするよ、というもので、当然もらえる額も上乗せされた額でもらえるものです。まぁ、それだけで老後は万全っていうほどでもないから困るんですけどね。。。

自分がこのまま60歳まで完璧に納めたらいくら貰えるかは年金事務所に問い合わせれば教えてくれますよ!

健康保険の基本と特別って何?

これは使われ方が違うというものです。基本保険料は保健福祉事業に使われる保険料で、特別保険料は高齢者医療に対して使われる目的のものです。支えあいですね、支えあい。

雇用保険の知識

雇用保険は以前にも記事を書いたものですが、最近ニュースで手当が増えるように検討する話が出ていましたね。受給期間の延長が行われる見込みだそうです。

簡単におさらいすると、自己都合と会社都合の退職によって違いはあるけど、退職後に生活に困らないように国が一時金を支援するよというもの。

期間従業員は2年11ヶ月の勤務なので、受給期間は90日です。会社都合だと7日間、自己都合だと3ヶ月の待機期間がありますね。

源泉徴収

こうしたものは源泉徴収なので、あぁ~結構引かれてるなぁ~としか見ないものですが、内訳を調べてみると本当に納得して給料をもらえる気がするので、こうした事を踏まえて見てみるのもいいかもしれないですね。