喋り過ぎたら怒られる!親しき仲でも仕事しよう!

40代の期間従業員が多くて、他の組に比べて年齢層がちょっと高めな時期がありました。同年代の人が同じ工程に入ると、あるある話で良く盛り上がる事があります。ただ、それが仕事中で管理者の目に触れ、度が過ぎてると雷が落ちます。
スポンサーリンク

話しすぎにより仕事に影響

多分どこの工程もオープンな作りですよね。常に誰かの目が届くように出来ていると思うんですが、通路の隣だったりすると、不特定多数の人が行き来する事があって、心を病んでる時などは「動物園に入った気分」になる事もあると思います。

話がずれましたが、40代の二人はあまり人気(ひとけ)のない場所で作業をしていて、シニア期間従業員で作業はベテランの域。

本来ミスはしないけど、一度昔話に華が咲けば、不良を連発させてしまう癖が。

TLもこれを不思議がっていて、場所を追求するんですが、人が来たと分かると作業に集中するのでしばらく七不思議化。でも盛り上がりすぎて気付かなかったのか、真後ろにTLが来るまで喋り続け・・・

仕事中に私語すんじゃねぇ!

いやほんと、喋りすぎはいけませんね。。。怖い。

歴史は繰り返す

彼らは満了で去って行き、現場も若返りが図られましたが、若返りコンビもまたよく喋り、ツバが飛んで現場がざわつく。

人があんまり通らない場所だとついつい気が緩むんでしょうが、これは近々また雷が落ちそうです。

少しだったら許してもらえるんですが(元来仕事に関係のない私語は禁止の部署)、やっぱり笑い声が響いたりするとまずいですね。もちろん組によるので一切ダメだというところもあるはずで、そこは組の空気を察しましょう。

でも、知らない土地で趣味嗜好や考え方が似た人に出会うっていいですね。気の合う仲間が増える喜びを私も久しぶりに味わったけど、そこは期間従業員の悲しいところで、みんなすぐに去っていっちゃうのは悲しいです。

喋ってても怒られないよ、って会社あるんだろうか。