労災保険についての知識をつけておこう

労災労災と言うけれど、労災保険についてどこまで知っているか、と聞かれると知らない事が多いもの。使う機会が無いに越したことないけど、使うときに困らないように少し知っておこうという企画。
労災保険

労災保険を月々いくら払ってるか知ってる?

労災保険も保険なので、掛け金が要るんです。例えば給与が30万円支給された時には1,650円が労災保険で必要になります。

でも労災保険料という項目は給与明細にはありません。それはこの保険料は全額事業主の負担だからです。会社は正社員はもちろん、期間従業員、パートからアルバイトまで、とにかく人を雇えば絶対に保険に入らないといけない決まりになっています。

どんなときに使えるの?

労災保険が適用になるのは、仕事中とか通勤中に起きた病気、事故、怪我、障害、死亡などなどに使えます。通勤経路はちゃんと申請した経路じゃないとダメだよ、という決まりがあるので要注意です。

期間従業員のバス通勤は問題なく適用されるので、例えば通勤中バスの中で心臓発作が!という事態になっても保険が適用されます。

専門用語的には、業務災害と通勤災害、という2種類にわけられてるけど、使う側からすればあんまり変わりないです。

労災保険の中にも色々種類がありまして。

労災労災って言うけど、支払われる種類が色々なんで、ちょっと簡単に説明。

会社のケガとか病気で病院に行った

療養給付っていうんですが、病院に行った時に「労災ですか?」と聞かれる時に「はい」って言うと適用されます。病院で労災を使う場合は必ず組長に確認を取ってからにしましょう。勝手に使うと解雇されかねないよ!

この時一時的に立て替えが発生する場合がありますが、労災保険を使う場合の医療費は基本的に全額免除なので、健康保険で3割負担を支払わないようにだけ注意してください。

会社が原因で休むときの補償

業務で病気、ケガして休んじゃった時に、数日休むけど年休無いしどうしようと不安になる事あるあるですよね。賃金が支払われない休業が4日以上あるとき、4日目から給料の60%が支給されます。

じゃぁ最初の3日だけ年休使おうと思う人、年休って賃金が支払われるので要注意ね。

会社が原因じゃないけど休むときの補償

会社が原因のケガや病気じゃない場合は?例えば寮に居る時にケガして休む事になったら労災は使えません。その場合は社会保険が適用になるのでご安心を!3日以上休む場合に4日目から支給額の3分の2が支給されます。これは保険を使った診断を受けてから、会社に対して傷病手当を使いたいと申請する必要があります。

ちなみに支払われる期間は4日目から1年6ヶ月目まで支払われるけど、多分最初の更新で解雇されてしまうでしょうけど・・・。

一番はケガも病気もなく満了することだけど、万一の場合もこんな手当があるから焦らずに!さぁ今日も1日、ご安全に!