創意工夫は月初に提出!1カ月間ネタ探し!

2019年3月30日

創意くふう、大変ですか?

創意くふうについてはこちらの記事が人気です。

創意くふうの書き方

創意くふうを月初に終わらせるメリット

いやメリットも何も先にやってりゃ後が楽でしょって話なんですが、誰もが月末に催促されて出しますよね。

期間工だと提出しなくてもいい部署もありますが、社員希望だと出さなければなりません。

正社員ですら月末に追われて出すことが多い創意くふうを、月初にまとめて出すこのインパクトの大きさ。

自分が組長だと想像してみてください。創意くふうを出すように何度言ってもギリギリまで出さない人と、言う前に毎月はじめに必ず持ってくる人、どちらを部下に選びたいか、という事です。

今月中に来月の創意くふうを考える

創意くふうは基本的に取り組んだ内容しか書けない。ギリギリにやろうとするとどうしても焦ってしまう。

創意くふうを出そうと思うなら、しっかりとした準備期間が必要になるわけです。来月出す創意くふうを今月いっぱい考えて取り組めるのは、かなり大きなアドバンテージだと思いませんか?

数合わせ目的の創意くふうは当然ですが、高額狙いの創意くふうもじっくり取り組めますし、TLへの相談時間などもしっかりとれるので、超高額すら狙う事ができます。

「創意くふうが見つからん!」という社員にネタを譲る事もできるし、そうすると社員試験までにかなりの恩を売る事ができてしまいます。

心の余裕がある1カ月をお過ごしいただけます

月末にどうしても出さなければいけない、という義務感は焦ります。ただでさえ書くのが苦手な人がほとんどなので、悪循環にはまる人続出。

書く量が変わらないなら1カ月先取りしてしまえばいいだけです。夏休みの宿題を入ってすぐやるか、ギリギリにやるかみたいなものです。ギリギリにやると、結局終わらない事もありますよね。そうなると怒られる。

「今月も創意くふう出せよ、今週中な!」と朝礼で言われる人達を横目に見ながら、俺関係ないし、と余裕でいられる月末は本当におすすめです。

社員になるなら絶対月初がおすすめ

提出物をすぐに出す人、というのはどの世界でも好かれます。扱いやすいからです。

社員なりたい人は、社員になっても大丈夫だと思わせないといけません。

提出物は絶対に出す、速攻で出す、という人はそれだけで高評価です。だって誰もやってないから。

誰もやってない事を当たり前のようにやる、というのが結構効果的です。

騙されたと思って創意くふうを今週中に規定数出してみてください。きっと何か一言をもらえるはずですよ。