トヨタ期間従業員のお風呂事情

清風寮のお風呂
期間従業員が毎日利用するお風呂。赴任前だとどんなお風呂だろうと気になる人もいるかもしれません。今日はお風呂について紹介していきます。
(上記写真は東寮の時間表)

基本は大浴場+シャワールーム

聖心清風寮の場合ですが、大浴場2つ+シャワールームの構造になっています。浴場は時間が区切られていますが、シャワールームは24時間利用可能です。(清掃時間あり注意)
赴任された方がまず入るのが西寮ですから、西寮からご紹介していきます。

西寮の浴場

西寮の脱衣所
こちらは脱衣所です。コインロッカーと棚があり、洗面台は4個です。コインロッカーは無料で利用出来ます。棚もありますが、事務所も防犯の観点からおすすめはしていません。
西寮大浴場
こちらが西寮の大浴場です。大浴場とは言うものの、4m×4mくらいの浴槽が2つなのでそんなに大きくありません。ただ、浴槽が人でごった返すという事はほとんどありませんから、リラックスして入る事が出来ると思います。

お湯は自動循環なので、お湯は比較的きれいです。たまに事務所の計らいで入浴剤が入っているときがあり、その時は入り口に入浴剤の種類が掲示されています。

ちなみに西寮の浴室の床は尋常じゃないくらい滑りやすいので、赴任されたばかりの人はそれだけ覚えておいてください。浴室に入った1歩目が一番やばいです。

シャンプー・リンス・石鹸は一切ありません。赴任の際には必ず持ってくるようにしてください。ただ、赴任後は移動しますから、最初の1週間はトラベル用品程度の小さいやつでもいいと思います。

シャワールーム
西寮のシャワールームは簡易なカーテンがついた、昭和のプールのシャワールームみたいなものです。

東寮の浴場

東寮の脱衣所
こちらが東寮の脱衣所。西寮のような棚がなく、コインロッカーしかありません。東寮は利用者が多いので、かなり床が濡れてたりします。それも尋常じゃないくらいに。場合によってはコインロッカーの中も濡れてたりするので、確認してからじゃないと着替えがずぶ濡れなんてことも。あれ本当腹たちますよね。

東寮のシャワールームは写真の奥の方にあるユニットタイプ。大浴場は人が多くてめんどくさい時などはシャワールームを利用します。

東寮の浴場
東寮は基本的に人が居ない時間帯が少なく、仕事終わりなどは混雑することも珍しくありません。浴槽は2つですが、左が40度程度、右が42度程度と温度差が設けられています。浴槽は西寮より一回り大きいのでゆったりできます。

なお東寮にはサウナがついていて、サウナ用水風呂もあります。

img_27471
東寮にだけ体重計があります。

ちなみに、西寮の人が東寮の浴場を利用してもOK、その逆も問題ありませんから、西寮の人が食堂を利用するついでに風呂入って戻る事もしばしばあるようです。

知っておきたい浴場情報

  • 西寮の最下段の鍵はカビてる事が多い
  • 西寮はあまり人で混雑することが少ないので、上3段はよく利用されるにしても、最下段はほとんど利用されないようです。そのせいか、鍵がカビで汚れてる場合があるので、最下段は使わないほうがいいかもしれません。

  • 人が居なくても洗面用具があれば座れない
  • 浴槽にちょっと入る時などは、洗面用具を置いたまま入るので、誰も座ってないからとはいえ、洗面用具が置いてある場合は座ってはいけません。何も置かれていない場所に座りましょう。サウナ組がこれやるとほんと困るけど、トラブル回避のためです。

  • スリッパは分かる目印をつける
  • 人が多いとスリッパがかぶる事があります。クロックスとクロックス風の人は何かバッチをつけるとか、名前を書くとか、シールを貼るとかしないと誰が誰のか分からないようになる時があります。

  • 浴場に備品なんて無い
  • シャンプー、リンス、石鹸なんてコジャレたものはありません。各自ご用意ください。赴任する時はそれらを入れるカゴか手提げも必要です。赴任時に洗面器が配られますからそれに入れて持ち運んでも良いけど、だんだんめんどくさくなるんですよね。

    大体こんなところでしょうか。それにしても水遊びか!と言わんばかりに脱衣所をびしょ濡れにさせる人とか、シャンプーの泡をこれでもかと飛ばしまくる人には本当イラッとさせられます。3人くらいしか居ないのにわざわざ隣に陣取って来る人の気持ちは未だに分からん。